【アニメ】ちはやふる3期1話ネタバレ感想 桜沢先生の言葉が刺さる…!

待ちに待ってた「ちはやふる」の3期アニメです!!

この漫画、かるたが好きという点以外にも頑張る気持ちにさせてくれるから大好きなんですよね(^^)

 

ではさっそくちはやふる3期1話ネタバレ感想いってみましょう!!

 

ちはやふる3期1話ネタバレ

アバンは最初の頃の話が出てきます。

2期までの復習を兼ねていますね、これは……。

各キャラのセリフはだいたいニュアンスなんでご了承を。

 

小6の卒業の日に、新が泣きます。

「かるたをしてくれてありがとな……でももう二度と会えん…」

そんな新に千早は言います。

「そんなことないよ、かるたを続けていればまたきっと会えるよ」

 

小学校から中学校に上がった千早は陸上部の見学をすることを条件に、みちるちゃんをかるた会への見学へと連れてきます。

千早らしいですね。笑

 

みちるちゃんもとい新規の視聴者にも優しく、かるた競技の説明をしてくれます。笑

試合をするのですが、全力でやりすぎてみちるちゃんはドン引き。

「ちはやちゃんがかるたを大好きなのはわかったよ」

と、コメントをもらってしまいます。

 

結局、ちはやは中学ではかるたに100%になることはできませんでした。

合格発表の番号を見ながら千早は決意します。

高校ではかるたに100%になるんだ、と。

 

ここでOPになります。

今までの2期までの映像がMADとして流れました。

OP見てただけで今までの話思い出してちょっと泣きました。

 

OPは終わると富士崎との合宿に千早と太一は参加します。

ちょうど2期終わりの部分からですね。

 

扉を開けると、筋トレに励む富士崎の子たち……。

噂にきく体育会系のクラブです、体育会系文化部だ……。

 

桜沢先生は言います。

「かるたは矛盾の競技よ、早ければお手つきをし、遅ければ相手に取られる。ちょうどいい交点を探しなさい」

「追い込まれた経験がない者は決して強くならない」

など、超スパルタ感がにじみ出る指導です。

 

千早は感心します、富士崎の子たちはよくこんな厳しい指導についていけてるね、と。

それを聞いたヒョロくんは答えます。

「そりゃ桜沢先生を尊敬しているからだろ」

あまりにかるた事情を知らない千早にヒョロくん呆れます。笑

 

夜は富士崎の子たちと恋バナ?をする千早。

結局はかるたにつながってしまう千早に若干引き気味にみえましたが。

(新の気持ちがわかりたい)

(太一の気持ちでさえもわかっていないんだ、私は)

 

新と太一の二人に思いを馳せる千早。

 

太一はせっかくの合同合宿の機会を活かそうと、富士崎のフィジカルトレーニングをヨロシコから教わっていました。

どこまでも抜け目ない太一にこっそり呪詛を送るヒョロくんです、なんでも今回太一は試合で全勝とのこと。

 

次の日の試合では、千早と理音が3試合連続で当たることになります。

千早との試合はきつい、とがっくりする理音に対して千早は、

「クイーン戦の練習だよ!」

とテンションMAXです。笑

 

この対戦カードの意味は、理音に足りないものを自覚させることでした。

 

合宿の疲労や、同じ相手での試合などにより千早はどんどん苦しくなっていきます。

息が苦しくなり始めた千早のもとへ桜沢先生がアドバイスをします。

「普段私は試合中にアドバイスをしないのだけど一つだけ」

「姿勢をよく保ちなさい、歴代の名人クイーンはみんな姿勢がよかった」

 

そのアドバイスに富士崎はどよめきます。

名人クイーンを引き合いにしたアドバイスは今までなかったからです。

 

千早はそのアドバイスにはっとします。

かなちゃんがいっていた美しさとはこのことだったんだ、と。

今までの点がつながりまた勢いを取り戻し始めます。

 

桜沢先生が千早へ送ったアドバイスに火がついた理音はがむしゃらな取りを見せます。

(理音、さっき姿勢を注意したばかりなのに……)

とちょっと怒りながらも、執念を見せ始めた理音の成長を喜びます。

 

(変われることは財産よ)

 

そして、最後の組み合わせは千早と太一。

負けたのは千早でした。

帰りの中で不貞腐れる千早と、太一は自信を少しつけたようでした。

 

ちはやふる3期1話感想

あぁーーー!!

やっぱりちはやふる、めっちゃいい。

このアニメはキャラ萌えという点からはあんまりないのですが、純粋に繰り広げられる人間ドラマが好きです……。

 

なんだろうな、桜沢先生の言葉が刺さりまくる……!

モチベが低いときとかは私この漫画をよく読み返すんですよね、今回もいい言葉ばかりだった。

 

「追い込まれた経験がない者は決して強くはならない」

 

イテテテテ、めっちゃ心に刺さりまくって死にます。

 

追い込まれるの嫌いで、だからまあまあしか頑張ったことがない人間に刺さりまくります。

あ、初めて他ジャンルの同人誌出したときにめっちゃ追い込まれた経験ならある……。

それを経験したあとだと確かに景色が違って見えます(何の話だ)。

 

もっと自分を追い込めばもっと高みに行けるのでしょうかね。

どちらかというと理音のように追い込まれるのは嫌いなタイプです。

理音も頑張ってるから私もがんばってみようか…?

 

千早がなんとなくで取れてしまっていていいんだろうか、と悩んでいる気持ちはわかります。

私もなんとなくで絵を描いていたり漫画を描いていたり、なので言語化が足りてない気がするんですよね。

 

フィーリングに頼るものは結局、自分の手持ちのカードが曖昧になってる状態だと思うんです。

千早ももっと鋭く自分の武器を磨いていくんだ、ということで理音にどう聞いているか質問していました。

 

それにしても千早は成長するスピードめちゃめちゃ早いですね、正直うらやましい。

私も見習って頑張らねば!

 

漫画でちはやふるを3冊分無料で読む方法

Follow me!

【アニメ】ちはやふる3期1話ネタバレ感想 桜沢先生の言葉が刺さる…!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です