プロミス・シンデレラ 19話ネタバレと感想

プロミス・シンデレラの最新話ですね。

今回はモンスターカスタマーとモンスター先輩に目がいってしまったお話でした。笑

まだ次の話の前振り的なお話だったと思います。

ネタバレ

先輩二人に絡まれる早梅。

「昨日見ました 茶房で洸也さんと抱き合ってるとこ」

お客様も見てるかもしれないのにあんたところで…というそばかす先輩。

気持ちはすっごいわかりますけどね!

 

洸也さんはもともとあんな人だからわかるけど、桂木さんはなぜ抵抗しないの、とつっかかります。

これじゃ壱成様がかわいそうだ、と。

「壱成様のことはどう思ってるんですか?」

「? どうも思ってません」

若干戸惑う先輩たちです。あまりにも早梅が壱成を意識してなさすぎて困惑しちゃいました。

 

戸惑いつつも、そんな中途半端なことしてたら洸也さんも壱成様もかわいそう、と言いかけたとこに洸也さん登場です。笑

そそくさと仕事に戻る先輩方。

「待たせたな 早梅」

「洸也さん お疲れ様です」

「昨日のことでなんか言われた?」

おお、やっぱり洸也さん助けにきてくれたんですね。玉に瑕なとこはありますが、とてもいい人です。(女性限定かもしれないけど)

 

抱き合うな、と言われたことを伝える早梅。

「確かに目立つよねあそこ 次は場所変えよっか!」

「人も変えてください」

手厳しい早梅。こういうやりとりはほんと好きです。

 

それはともかくとして、仕返しはなんだったのか、と洸也さんに問う早梅。

「ん? ああ早梅ちゃんとイチャイチャして壱成君にヤキモチ妬かせようと思ったんだ!」

「ヤキモチって…それじゃまるで壱成が私のこと好きみたいじゃないですか!」

(がんばれ壱成君)

ほんと遊びから入って壱成くんを応援しちゃう洸也さんほんとうにいいですね、よっ大人!

 

と、そんな二人に女将が注意します。おまけに常連の予約が急に入って忙しい、と。

それは西園寺様というお客様でした。

 

「桂木さんは特に気をつけな アンタ受け流すってことが苦手なようだからね 我慢だって時には必要な事だよ 大人なんだからね!」

めっさ私に突き刺さる言葉です。

(…大丈夫かなぁ)

心中で心配をしている洸也さんです。

 

掃除をしながら我慢について不安に思う早梅です。

他の仲居に噂されようが、がまんがまんと耐えています。

休憩時、初勤務に案内をしてくれた坂村さんがいました。

「もともときつめの子たちなんで気にしない方がいいですよ」

優しい笑顔です。女性陣のなかではダントツの癒し!!

 

「休憩中申し訳ないが西園寺様がお見えになった お出迎えにいくよ」

女将が告げます。

 

ヒョウ柄のハイヒールにヒョウ柄のジャケット。

イケメンの男性をはべらせたとてもふくよかなマダムが玄関に立っていました。

大女将の悦子さん、いつの間にかいました。

 

早梅に坂村さんがどういった方か教えます。

「西園寺様は15年以上前からの常連様で若手男性俳優事務所の女社長なんです 超お金持ち!」

西園寺はきょろきょろと従業員の顔を探していました。

 

お目当ては成吾、壱成のお兄ちゃんですね。

成吾がいないことに気づきます。

「いつ戻るのかしら」

「本日中は難しいかと…」

顔色を変える西園寺です。成吾がいないなら来た意味がない、帰ろうかしら~と絶望的なほど嫌な客っぷりです。

基本、イケメンを置きたがるという……。おまえ、もうホストクラブの人に着物を渡しなさいよ。

 

「よいか お前たち 知っての通り本日は西園寺様の大本命が旅館を空けておる じゃが心配はいらん お前たちだけで十分やれる!」

悦子さんは従業員に喝をいれます。

なんか似た感じが千と千尋の神隠しでもあったような…(もちろんこんなやっかいな人じゃないけど)旅館って常連さんやっぱり大事なんですね。

 

男性陣はいつもより襟元を開けます。笑

 

「毎回こんな風に館内の男性スタッフが駆り出されてホストクラブ状態になるんです ホスト行けよって思うんですけど旅館で働く和装男子が好きなんですって!」

意外と毒を吐いてくれる坂村さん。かわいい顔してそういう明け透けにいってくるのギャップがあっていいですよね。

 

ともかくワガママのかぎりを尽くす西園寺です。

立っている従業員に芸をやれっていったりと、下品なふるまいをします。

悦子さん、困らせられている従業員に心苦しく思っていました。

ふと、思いついたことが。

「…まて 代わりがおったぞ!」

スマホの待ち受けになっている幼い壱成を見てひらめいたようです。

逃げて、全力で逃げて壱成。こんなかわいい画像を見ながらえげつないです悦子さん。

 

トーン貼り忘れかな、白抜きの千葉(?)さんが早梅に配膳を運ぶようにいいます。

自分が持っていきたくないから新人に仕事を押しつけています。

 

男性ではなく早梅が配膳してきたことに目くじらを立てる西園寺。

おまけに早梅がなんと畳の縁を踏んでいるんですね。

しかも、指摘されてもさっぱりなんのことだかわからない早梅。

ここのシーンに関しては西園寺と同意見です。(;’∀’)

 

早梅に文句をいったかと思えば今度は芸をしていた男性に言い始めます。

とうとう。

「お料理が冷めてしまいますので」

目をひんむくマダム。

「なんですってぇ?」

 

一方、壱成は屋上で悦子さんからの電話を受けます。

「んっだよ クソババア!」

次回が楽しみです。

 

感想

しばらくは胃が痛い展開が続いたりするのかな、とビビっている私です。笑

少女漫画でときどき見る、「〇〇に近づかないで~」を連想してしまう先輩たちの会話でした。

ザ・少女漫画を感じることができた話でしたね!

 

しかし、こんなおばさんいていいのか。

老舗をホストクラブにしてやる、みたいな感じがとても見ていて気分のいいものではありませんね。汗

ぎゃふんと言わせるよりは、180度態度を変えて早梅ちゃん早梅ちゃんと言ってくれる方がいいです。

あの、ほら嫌な奴が強力な味方に、みたいな感じで。

 

嫌な奴からの良き理解者、って好きな展開のパターンなのですがそれは少年漫画すぎますかね。(*’▽’)

 

マンガワンのコメントを読んで気づいたのですが、これは我慢できない早梅が悪いわけではないですよね。

ついつい、我慢しろって言われてるんだから我慢しろよ、と思ってしまうのですが。

よくよく考えれば、このモンスターカスタマーが悪いのです……。

 

日本人的習慣なのかつい、協調しろって反射的になる自分に反省反省。

 

この旅館での癒しって洸也さんと坂村さんと女将だわ……。

女将は怖い顔してるけど一生懸命仕事を全うしてるだけなんで好きです。

 

にしても壱成くんって高校いても呼び出しされんの?

老舗の息子っていうのも大変だなぁ。

Follow me!

プロミス・シンデレラ 19話ネタバレと感想” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です