ランウェイで笑って 58話ネタバレと感想 まだ育人のショーじゃなかった

前回はひたすら木崎さんのショーかっこい! メラメラして燃えてる木崎さん、かっこいい女性!

着物をレザーで表現するっていうのがなかなかファッションショーっぽくていいな、と。

これを学生が作ってるんだな、と思うと身が震えます。

 

なんていうかすごすぎない、と。

今週のできごと箇条書き

  • 木崎香留のショーが終わって審査員の反応
  • 育人のショーを見るために集まった面々が顔を見せ始める
  • みんなに注目されている育人は緊張でお腹が痛くなる
  • ショーを楽しむことにした育人は笑顔でランウェイに行く

 

ってな感じでした。

前回のお話のネタバレと感想



 

ネタバレ

高岡学園長は木崎さんのショーをこう評価していました。

(言うことを聞かせにくい革を着物に仕立てる技術はもちろん 特性が全く違う数十種類ある革生地を 用途に合わせてアジャストできる知識)

 

満面の笑みで学園長は木崎さんに賛辞を心中で送ります。

審査員たちも各々、ショーを評価していました。

 

(最後の服…着物をドレッシーに見せるアイデアが面白いわね ヒラヒラした裾を活かして イメージを崩さないまま着物とドレスをミックスさせてる)

マントのはためき具合は、まるでランウェイに炎の流れが見えるようでした。

 

「それなりの評価をしてあげないと罰が当たるわね」

「2番目の着物カンヌに着て行きたいな!」

 

審査員の反応は上々です。そんななか、男性が綾野麻衣に声をかけました。

今のコレクション、どうだったか? と。

しかし、麻衣は答えません。

 

「ここじゃ話せないの 恥ずかしいけど私の発言って影響力あるらしいから」

学園長も聞き耳を立てているうちの一人でした。笑

どうやら麻衣さんは審査員ではなくお客さんのようです。

 

(あなたたち審査員は気づいているのかしら)

ドレッシーに仕上がった着物は、紛れもなく柳田さんの影響を受けていました。

パターンとカッティングで止めを作り、ドレープで流れを生む。

(少し影響をうけすぎよねぇ あの なんだっけ 展示会にいた 赤茶髪のデザイナーと)

 

そう思う麻衣さんでしたが、隣の女性が興奮するのを見てこうも思います。

(会場が感動してるならそれが最も評価されるべきだわ)

 

会場では、編集員の文代が話しかけられていました。

「このショーで一番注目されてるのって誰なんですか?」

それに対して文代は答えます。

 

18番の綾野遠だと。有名なデザイナーの孫ということを伝えます。

女性は友達の付き添いできただけだから疎いと話していました。

 

次のショーは育人です。

家族、千雪と心、千雪のマネージャーなど関係者は育人の出番を待ち望んでいます。

 

(次は…僕の…番…)

しかし、緊張に育人のお腹は悲鳴を上げます。

「お腹は楽しみじゃないの? ぎゅるるるる …そっか」

 

服にはいい服と悪い服がある。

育人はこれからそれを評価されにいくのです。緊張しないわけがありません。

「私のショーどうだった?」

不意に、木崎さんが話しかけてきました。

 

「あ…え…っと… すごく素敵でした…」

「なに? 緊張してんの? まあいいや ありがと」

ほっとしたような嬉しそうな笑みを木崎さんは見せます。

 

それを見た育人は何かが吹っ切れます。

(ここまでいろんなことがあって楽しいだけじゃなかったけど 僕の夢はファッションデザイナーでこれからランウェイだ)

 

笑おう 楽しんでみんなに届けるんだ 僕のコレクションを)

さあ、いよいよ育人のショーが始まります。



 

感想

おお、まだ育人のショー始まらんのかいっ!って思わず突っ込んでしまいました。笑

前回が前回でものすごくよかったので早くショーを見たい気持ちからですよ。

決して悪い意味じゃないです。

 

今回の話は絶対に必要なお話だと思いますしね。

なぜ必要なのかという理由

  • ライバルの一人である木崎についての評価をしっかり見せておく(どのくらいの強さなのか)
  • よかったショーの余韻を見せる
  • 主人公、都村育人のショーを盛り上げるための焦らし

 

といった感じで考えました。

バトル漫画ではないですけど、優劣がつく以上、誰がどのくらいすごいのかはしっかり見せないといけないですから。

 

そして、今回は育人に関係のある人がいっぱい顔見せしています。

ところで、ふみよさんの隣にいる黒子がある女性って誰でしたっけ?

出ている話見てなかったのかな……。

 

全く記憶にない。この人の出てくる話、見直したいです。

 

最近、気づいたのですがどうもランウェイで笑ってのギャグ顔が苦手なようで……。

なんでなんだろう……?

特に育人と千雪のギャグ顔が苦手だ。(;’∀’)

割とシリアスなシーンでの絵は好きなんですけどね!

 

そして、木崎さんのかっこいいとこ出たのに今回の評価が悲しい……。

発言は控えているけど、綾野麻衣さんに(柳田の影響受けすぎ)とか思われてたら死亡フラグやん!

なんていうかマイナスがひとつでも出たらこういう系のマンガではダメそうな気がしますよ……。

 

育人、最近は完全に人を舐めた感じの天才っぽくなってきたような気がするな……。

最初はまだ真面目系だった気がするのに。

天才無双は苦手な私なので、本当はもっと努力で実力を確実に伸ばしていく主人公がよかったな、と好みの問題で思わんでもないです。

 

正直、努力という意味なら遠とか心ちゃんの方がしているように見えちゃうんですよね。

でも育人は家庭の事情もあるから天才にしないと釣り合いがとれないのかもしれません。

 

ランウェイで笑ってを無料で読む 57話ネタバレと感想 51話ネタバレと感想



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です