ランウェイで笑って 49話ネタバレと感想 千雪と育人はずっとこのままの距離感でいてほしい

最新話のネタバレになります。育人が芸華祭のモデルを千雪に頼んだ続きからですね。

思わず涙を流す千雪はとても美しいですね。

千雪の強気な性格を考えるとあり得ないような表情だったので一瞬、千雪に似てる新キャラが泣いていたのかと思うほどでした。笑



思いがけない千雪の涙を見てそばに座ろうとする育人。

「…ダメ」

あっさり拒否されます。笑

ここ最近、千雪はへこむこと続きだったから弱っていたようです。

 

「ダメで元々 覚悟してパリに行ったから落ち込む理由なかったんだけどさ…」

「ちょっと前にすごいモデルと会ったんだよ 片手間でモデルやってるのに本当にカッコよくて…羨ましかった…」

弱音を語る千雪に対して、驚きながらもなんだか興奮したような育人。

「千雪さんの弱音初めてかも…って」

「しおらしくて可愛い…」

 

まあ、そりゃ常がツンツンしてたら可愛いでしょうねぇ。笑

 

とても素直な育人くんです。

千雪、嬉しそうな育人に一発ビンタをくらわします。笑

照れの裏返し、完全なるツンデレですね。照れてる千雪、かわいいです。最近はほんとみんなの曇ってる顔が多かったので嬉しいです!

 

育人の顔を見るたびにビンタはまずいんじゃないでしょうか。笑 育人は叩かれてる理由に全く見当がついてません。

誰にも必要としてもらえなかった記憶を思い出す千雪。そんな経験のせいかこんなことを口にします。

 

「ショーの採点基準の製作したうちの最も良い1着…を考えるとメインの服は誰に…」

 

挫折から千雪はついメインモデルは自分じゃない、と暗に口に出していました。本来の千雪であれば絶対口にしない言葉。

誰にも必要とされないことは自尊心を奪うんですね、つらい!

そんな千雪に育人はいいます。

f:id:yurakuten2sei:20180530012444j:plain

「僕のショーのメインは千雪さんです 千雪さんがどうしたいのかも僕は聞きたいです」

つられるように

「どうせ この先も戦わなくちゃいけねいのはわたしより15㎝も20㎝も高いモデル達だからね トップクラスで揃えてちょうだい! ねじ伏せてやるから!!」

いつもの調子で千雪は宣言します。

 

これこれ!

やっぱり少年漫画はこの勢いがないと!

ずっとこんなランウェイで笑ってが見たかった、あの長いトンネルのような状況を無事育人たちが抜けられてよかったです……。

 

ただ、育人が採寸をしなかったのでサンプルは全然千雪のサイズに合ってませんでした。笑

育人はまだ採寸に慣れていないのでいいづらかったみたいです。

「いいから採寸するよ! 育人もプロになるんだから慣れなさい!」

そこはプロ意識のある千雪。

 

育人を叱咤して率先して引っ張ります。

勢いよく脱いだ千雪にたじたじの育人。

 

「言っときますけど…僕は千雪さんみたいに割り切れる自信ないですからね…」

東コレのときは一切照れなかった千雪も、今回はなんだか恥ずかしがっていました。

これから少しずつ恋愛面でも二人の距離は縮んでいくんだな、と認識する話でした。まあでもバストとか測るのちょっとなかなか割り切れないんじゃないでしょうか。笑

 

特に、育人は無意識にでも前からきっと意識はあったでしょうしね!

私としてはまだまだ恋愛では進まず、ある程度プロとして名を上げてから付き合ってほしいです。

ともかく、最初は仕事一直線って感じでいってもらいたいです。私はどちらかというとお仕事漫画として期待しているので。

千雪も育人もきれいでなくとも魅力がある戦いをしていってほしですね。

ランウェイで笑って 無料で試し読み 50話ネタバレと感想 47話ネタバレと感想

 



 

ランウェイで笑って(5) (週刊少年マガジンコミックス)

ランウェイで笑って(5) (週刊少年マガジンコミックス)

Follow me!

ランウェイで笑って 49話ネタバレと感想 千雪と育人はずっとこのままの距離感でいてほしい” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です